MCTオイルをコーヒーに入れるバターコーヒーの作り方。夜飲んでもいい?入れる量は?

MCTオイルをコーヒーに入れるバターコーヒーの作り方。夜飲んでもいい?入れる量は?

少し前に一世を風靡したバターコーヒー、ご存知ですか?これは濃く作ったアツアツのコーヒーに、良質のバターを少しだけ溶かして飲むというものなのですが、カロリーがとても高いのにダイエット効果があるということで話題となりました。ここでは、MCTオイルを使ったバターコーヒーについてご紹介します。

 

■バターコーヒーの代替
このダイエット方法は、バターによって腹持ちが良くなり、食欲をコントロールしやすくなるという点、そしてカフェインが体内の脂肪を活発に燃焼させてくれるので、ダイエット効果につながるというものですね。

 

しかし、バターコーヒーは、わざわざ冷蔵庫からバターを出して、小さくカットして入れるというなかなか面倒な作業が必要となります。そこでバターコーヒーの代替としてMCTオイルを使ったコーヒーが注目されているのです。

 

■MCTオイルコーヒーのメリット
MCTオイルコーヒーは、バターコーヒーを作る要領でアツアツで濃いコーヒーを作り、そこにMCTオイルを小さじ1杯程度入れるというものです。MCTオイルは冷蔵庫で保管するものではなくてボトルに入って常温保管するものなので、コーヒーに入れる際にはボトルを開けて少しコーヒーに垂らしてあげるだけ。とっても簡単に作ることができます。バターコーヒーは美味しかったけれど作るのが面倒だったと感じている人にとっては、MCTオイルコーヒーは大きなメリットだと感じられますよ。

 

MCTオイルには他にもメリットがあります。それは、MCTオイルは中鎖脂肪酸によって作られているため、体内に体脂肪として蓄積されずにエネルギーとして燃焼されやすいという点です。つまり、コーヒーにオイルをいれても太りにくいという点ですね。コッテリしたものが大好きな人にとっては、これは大きなメリットと言えるでしょう。

 

■MCTオイルコーヒーのデメリット
MCTオイルを使ったコーヒーには、デメリットもあります。それは、MCTオイルの購入価格がとても高いという点です。確かに品質は良いですし、大きなダイエット効果も期待できます。だから高くても仕方ないと考えることはできますが、一般的なオイルと比較すると価格面が大きなデメリットになってしまいやすいですね。

 

もう一つ、MCTオイルをダイエットなどの目的で摂取する人にとっては、コーヒーコラボさせることで飲める時間が限られてしまうという点がデメリットと言えるでしょう。カフェリンフリータイプのコーヒーを選べば寝る前でも問題なく飲むことができますが、カフェインたっぷりのコーヒーだと、夜寝る前に飲むと興奮して眠れなくなってしまいますよね。もしもMCTオイルコーヒーを夜に飲みたい場合には、カフェインフリータイプのコーヒーを選ぶか、もしくはコーヒーではなくてココアとかカフェオレなどコーヒーよりも神経に対して刺激が少ないものを選ぶのがオススメです。

 

■どのぐらいの量を入れるの?
MCTオイルコーヒーを作る際には、MCTオイルの量はティースプーンで1杯から2杯程度が適量です。あまりたくさんいれてしまうと、コーヒーがギトギトしてしまいますし、お腹を下す原因にもなりかねません。MCTオイルを使ってダイエットしたい人だと、一度にティースプーン1杯よりも多く摂りたいという人はいますが、MCTオイルは一度にたくさん摂るのではなく、少量を頻繁に摂ることによって大きな効果につながります。

 

■ミルクはNG
普段、コーヒーに砂糖やミルクを入れるという人にとっては、MCTオイルコーヒーでも普段通りのの見方をして良いのかどうか、気になるところではないでしょうか。MCTオイルコーヒーは、ブラックに作ったコーヒーとMCTオイルをコラボさせるもので、基本的にはミルクや砂糖はNGとなります。ミルクには消化吸収に時間がかかる長鎖脂肪酸がたっぷり含まれているので、ダイエット効果が薄れてしまいますし、砂糖も糖質が含まれてるので、MCTオイルの作用を半減してしまうでしょう。そのため、MCTオイルコーヒーは、濃いブラックコーヒーにティースプーン1杯程度のMCTオイルを混ぜた状態で飲むのがオススメなのです。

 

■毎日飲んで健康になろう
MCTオイルは他のオイルと比べると、価格的にかなり高いですよね。しかし、輸入品を活用すれば、安くMCTオイルを購入出来るので、毎日MCTオイルコーヒーを飲みたい人にとってはとってもお得です。毎日飲んで健康な体質を手に入れましょう。

page top