【痩せる!?】MCTオイルに期待できる効能・効果まとめ

【痩せる!?】MCTオイルに期待できる効能・効果まとめ

MCTオイルには様々な効果や効能が期待できます。ダイエット効果は良く知られていますが、その他にもたくさんの健康効果が期待できることはご存知ですか?ここでは、MCTオイルの効果をご紹介しましょう。

 

■ダイエット効果
MCTオイルには、高いダイエット効果があります。オイルには脂肪酸という成分が入っていますが、一般的なオイルには長鎖脂肪酸が多く含まれているのに対し、MCTオイルは中鎖脂肪酸が100%で、構造面で大きな違いがあります。中鎖脂肪酸は、体内に入ってから分解吸収されてエネルギーとして燃焼されるまでにかかるスピードが、長鎖脂肪酸の4倍〜5倍と迅速です。そのため、MCTオイルを摂っても脂肪として体内に蓄積されにくく、そうなる前に素早くエネルギーとして燃焼されるのです。普段の食生活で油を多く摂る生活をしている人は、油をMCTオイルに変えるだけで大きなダイエット効果が期待できます。

 

■中性脂肪を減らす効果
MCTオイルには、中性脂肪を減らす効果もあります。中性脂肪は毎日の食生活の中で少しずつ蓄積されてしまい、一度蓄積されるとなかなか落ちにくいという特徴があります。MCTオイルを摂取すると、MCTオイルの構造成分である中鎖脂肪酸からケトン体が生成されると同時に、肝臓でもケトン体の生成が活発になり、このケトン体が中性脂肪を分解してくれます。つまり、日常的にMCTオイルを摂取していれば、体内のケトン体量がアップするので中性脂肪が減って太りにくく痩せやすい体質づくりにつながるでしょう。

 

■糖尿病や認知症の予防効果
MCTオイルを摂取すると、肝臓内でケトン体が作られてMCTオイルをエネルギー源として燃焼します。この際、肝臓内で作られたケトン体には体のエネルギー源となり、糖や脂肪を燃焼するという働きがあり、この点で高いダイエット効果が期待できるというわけです。しかしそれだけではありません。ケトン体は、体内でブドウ糖の代わりにエネルギー源として燃焼されることもできるため、体内でブドウ糖からエネルギーを作りにくい糖尿病や認知症などの疾患に対しては、大きな予防効果も期待できます。

 

■細胞の糖化を防いでアンチエイジング
MCTオイルを摂取することによって体内で作られるケトン等には、他にも細胞の糖化を防いで機能を回復させる働きを持っています。特に細胞の糖化は老化を進行させる要因の一つにもなりますし、女性なら肌のくすみなど美容面でも大きなマイナスの影響を与えてしまいますよね。MCTオイルを日常的に摂ることは、アンチエイジング効果を期待できるため、美容面でも間接的に嬉しい効果を得ることができるのです。

 

■食欲を抑える働きもある
多くの人が一度や二度は経験したことがあるダイエットですが、ダイエットの大敵は、なんといっても食欲ではないでしょうか。しかしMCTオイルは、満腹中枢を刺激することによって食欲を抑えてくれるという作用があり、これまでダイエットに失敗してきた人にとっては嬉しい効能と言えるでしょう。オイル成分にはMCTオイル以外にも満腹中枢を刺激する作用はありますが、MCTオイルのように良質のオイルを摂取すると、胃のもたれやムカつきなどがありませんし、食べてもまだまだ食べたりないなんて事態は起こりにくくなります。それほど質が良くない油だと、満腹中枢を刺激してくれるまでに時間がかかってしまい、気づいた時に大量に食べていたということもありますよね。しかしMCTオイルなら、体内に分解吸収されるスピードが速いので、すぐに満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれます。

 

■効率的にMCTオイルを摂るならいつがオススメ?
MCTオイルは医薬品ではないので、かならずいつどんなタイミングで飲まなければいけないというルールはありません。そのため、基本的には一日のうちどのタイミングで飲んでも効果を得ることはできるでしょう。しかし、人間の体は一日の中でいろいろなサイクルがあり、どのタイミングでMCTオイルを摂取するのかによって実感できる効果やその大きさが異なります。

 

MCTオイルは他のオイルと比べて消化分解吸収に時間がかからないため、新陳代謝が活発に行われる就寝時間に向けて摂取する方法がオススメです。そう考えると、夕食の後とか寝る前がちょうど良いですね。ただし、寝る前に飲むと、カフェインが多いコーヒーと混ぜて飲むことができませんし、サラダと一緒に食べるというのも難しいでしょう。寝る前にMCTオイルを飲むのなら、カフェオレとかココアなどを使う方法が良いかもしれません。

 

また、MCTオイルの一日当たりの摂取目安量は30g〜100g程度ですが、一度に大量に摂るのではなくて、こまめに少量ずつ摂るのがオススメです。食事と一緒に摂りたい場合には、3食すべてで小さじ1杯程度ずつ摂取する等、ストレスを感じることなく気軽に取れる方法を考えましょう。

 

■MCTオイルを摂る際の注意点
MCTオイルは健康効果が高いオイルとして人気があります。ダイエットなどに使う人は多いですし、アンチエイジングなどにも使っているという人も多いでしょう。基本的にはMCTオイルはココナツやパームから抽出されたオイルなので、これらの原料に対して食物アレルギーを持っている人でなければ、安心して摂ることができます。しかし、MCTオイルがオススメではないという人もいるので注意しなければいけません。

 

MCTオイルを摂取すると、肝臓でケトン体が作られるので、糖尿病や認知症の予防効果が期待できます。ここで注意したいのは、糖尿病の予防のためにMCTオイルを摂ることは良くても、すでに糖尿病を発症している人にとっては、MCTオイルはマイナスの影響が出てしまうという点です。また、肝臓系の疾患を患っている人もまた、MCTオイルを摂ることによって肝臓にかかる負担が大きくなるため、MCTオイルの摂取は控えたほうが良いでしょう。

 

糖尿病予備軍はかなりグレーな域ですが、すでに糖尿病の症状が出ているという点でMCTオイルはあまりおすすめではないかもしれません。自己判断で飲んでしまうと万が一のときには、深刻な事態を引き起こしかねません。そのため、事前にかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

 

■少量ずつ摂って効果を実感しよう
MCTオイルにはたくさんの効果がありますが、一度に大量に摂取するのはNGです。慣れるまでは無理をせずに少量ずつ飲んで、体を慣れさせることが必要ですし、その方が長期的に高い効果や効能につながるでしょう。

page top